上手く行ったらどうしよう?

どうもです。市川です。

失敗したらどうしよう?ではなく、
上手く行ったらどうしよう?と考える方が、成功確率は高いです。

これ、かなり前から言い続けている事なのですが、
大切な事なので、もう1回言います。

というか、おそらくこれからも定期的に言い続けます。

小さい子供に、「 転ばないでね。」 って言うと、転ぶらしいです。
逆に、「 ちゃんと歩いてね。」 って言うと、ちゃんと歩いてくれるらしいです。

イメージは伝搬する。という内容で、よく出てくる話なのですが・・・

もちろんね。
そう上手くは行かない事もあるでしょうが、この話はなんだか納得が出来ます。

要は、自分のイメージ(意識)がどちらに偏っているか?が解る訳です。

転んで欲しくない。 or ちゃんと歩いて欲しい。

どちらも同じように思えるのですが、そのイメージを 映像化 してみると、
まったく異なる映像になるのがご理解頂けますでしょうか?

これと同じように考えてみると、

失敗したらどうしよう?と悩むよりも、上手く行ったらどうしよう?と悩む方が、
成功の確率が高いと思える事も、なんだか理解出来そうな気がしませんか?

失敗している自分をイメージするのか?

上手く行っている自分をイメージしているのか?

どちらをイメージして取り組んでいるのか?の違いだけなのですが、
これ、上手く行く人たちは、後者の考え方の人達が多い事も事実です。

上手く行っている自分をイメージ する事って、けっこう大切なんですよ。

人生は思い通りにはならない。
しかし、思う通りにしかならない。

まさに、この言葉がしっくり当てはまるようなお話でした。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA