したらいいじゃん。

色々と悩むことってあると思うんです。

そういう場合、いったん極論まで結論をすっ飛ばしてみると、
頭の中が非常にシンプルな状態に組み換えられます。
(と、思っています。)

例えば・・・

最近歯が痛いんだよね。

  ⇒ 歯医者行ったらいいじゃん。

なんか、テレビの調子が良くないんだよね。

  ⇒ 電気屋行ったらいいじゃん。

最近太ってきてる気がするんだよね。

  ⇒ 食わなきゃいいじゃん。

こんな感じ。

あえて、極論まで自分の頭の中をすっ飛ばしてみる。

ビジネスに置き換えてみると・・・

広告費高いんですよね。

 ⇒ 広告止めたらいいじゃん!

この商品売れないんですよね。

 ⇒ 売るのやめたらいいじゃん!

ってね。

ただ、極論まですっ飛ばしてから、必ずやるべき事は、
その結論を、自分の中で納得させるために、
一歩ずつ、頭を後退させてあげることです。

先ほどの例を使ってみると。

最近太ってきてる気がするんだよね。

  ⇒ 食わなきゃいいじゃん。

でも、まったく食わないとなると、色々問題があるよね。

・じゃあ、食事の量を減らしてみよう。

・量は減らさずに、時間をかけてゆっくり食べてみよう。

・いや、食事制限ではなく、体を動かす方向に持っていこう。

という風に、いったん極論まですっ飛ばした後に、
いやいやいや、それは安易でしょう?なんて自分に問いかけを行うと、

そこから具体的なアイディアが、少しずつ顔を出してくる場合が多いです。

広告費高いんですよね。

 ⇒ 広告止めたらいいじゃん!

でも、広告止めたら、アクセスが少なくなるよね。

じゃあ、広告費を下げてみようかな。

でも、広告費下げたらアクセス少なくなるよね。

じゃあ、他の商品で売上を補填できないかな?

じゃあ、他の商品探さないとダメだよね。

じゃあ、いつまでに探そうかな?

じゃあ、こんどは、こっちのASPを攻めてみようかな。

なんていう感じで次の行動の指針が、勝手に浮かんでくるもんです。

色々悩んで手が止まってしまう。 そんな心当たりがある方は、
一度試してみてください。

結論を極論まですっ飛ばしてみる。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA