失敗の原因は 大きく分けて 2つ しかない。

どうもです。市川です。

ビジネスに限らず、恋愛でもスポーツでも、
何に対しても同様の事が言えるのですが、

上手く行かない原因は大きく分けて2つ。

この2つを知っておけば、
いや、知っておく”だけ”で、
その失敗は失敗ではなくなります。

失敗 = 終わり

そう捉えてしまいがちですが、これは誤った認識です。

実は、最終最後、
終わりを決めるのは自分自身なんですよね。

自分自身が「終わり」と思ってしまえば終わりですし、
「まだまだ!」と諦めなければ、終わりは永遠に来ません。

私自身、失敗の数は誰にも負けない自信があります。

(胸を張って言うことでもないですけどね。)

でも、失敗は終わりではないから、
それが解っているから、
10年以上も続けられて来ている訳です。

格好よく表現させてもらうなら・・・

失敗は成功への糧

「 失敗は成功の元。」 という事。
誰でも知ってることわざですよね?

一度の負けも負けを認めなければ、
負けじゃない。

勝ちへの途中って事です。

では、失敗の要因は何と何か?(2つ)

答えは非常にシンプルです。

・何かが足りていないか?
・何かが間違っていたか?

この2つしかありません。

やり方を見誤っていたか?
やり方は合っていたが、全体的な量が足りなかったか?

失敗の原因は突き詰めるとこの2点なんです。

あ、両方・・・という事もありますけどね。(^_^;)。

大事な事は、失敗を素直に受け入れる事。
そして、健全に開き直って、前に進む気持ちを持つ事。

何が足りていなかったか?
何が間違っていたか?

出来れば、第3者も交えて、見直しをしてみてください。

「たられば」 の話をあえてする訳です。

ここで、こうしていれば、
こういう結果にはならなかったはず。
じゃあ、次はここを気を付けよう。ってね。

1点だけ注意をしてください。

相手がいる場合です。
自分の失敗で誰かに迷惑をかけてしまった場合、
これは、開き直る前に誠意を込めて謝罪しましょう。

許してもらえるまで、次のチャンスをもらえるまで。
ここも、諦めなければ、必ずチャンスがもらえます。

・失敗は終わりじゃない。
・失敗は成功の種だ。

・だから、一度の失敗で下を向かない。
・前を向く気持ちが大事。

・上手く行かなかった事を素直に認めよう。
・健全に開き直って前を向こう。

・何が足りなかったのか?
・何が間違っていたのか?

・原因をしっかりと把握し、後は処理をしよう。

・ただし、相手が居る場合、
まずは、相手の事を第一に考えて、
紳士的な対応を心掛ける。

後は、この繰り返しです。

勝つまでやれば、負けはない。
成功するまでやり続ければ、失敗は無い。

どんな失敗も、後で笑い話に出来れば、
それが糧(キッカケ)だった事に気付くはずです。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!