モチベーション低下と不労所得と。

どうもです。市川です。

人の調子には絶対に波があります。
人のモチベーションにも絶対に波があります。

もちろんね。
調子もモチベも常に 「 絶好調です! 」 なんていうカタチが理想ですが、
人である以上、それも難しい事も解っています。

私も自分自身に好不調の波がある事を自覚はしています。

そんな前フリをした上で、今回の本題です。

8月の頭だったかな?

千葉県に住むクライアントさんから、こんな報告。

「 PCが完全に壊れました。これから修理に出します。 」

インターネットを使って収益構造を作っている以上、
PCは無二の商売道具であり、それが使用できないとなると、
かなりの死活問題です。

まあ、でもね。
壊れてしまった事を後悔したところで前に進む訳ではないので、

こちらとしても、
「 了解です!修繕業務が完了したら連絡ください。
  日程を組み直ししましょう。 」

という事で連絡を待つ事に・・・

8月が終わり。

・・・連絡が来ない。。。

彼女のFacebookを見ると、PCの修理は完了した様子。
・・・・でも、連絡が来ない。。。

無駄に時間を空けるのも良くないので、電話をかけてみる。

・・・・ 電話に出ない。。。もちろん折り返しもない。

結果、連絡があったのが9月末。ほんと最近。

その2ヶ月間何があったか?との私の質問に。

「本業の仕事が忙しいのと、子供の夏休みや、体調の問題が重なって、
 モチベが激落ちし、ほぼほぼ何も出来ていなかった。」 と。

私も、そうならないように電話をしたりしたのだが・・・
既に、急激なモチベーション低下を向かえた後だったらしい。

私が怒ったところで話が前に進む訳でもないので、

「 で、これからは大丈夫なんですね? 」 と、
お互いに再スタートの意思確認を行い、今後の話を始める。

Q:現状の収益はどの程度落ち込んだのか?

A:1ヶ月 利益3万円程度まで落ち込みました。
 だって、この2ヶ月PCの電源入れたの片手で数えられますもの。

うん。胸張って言う事じゃないね。(^_^;)。

数字だいぶ落ち込みましたねぇ・・・ なんて話をしながらふと思った事。

約2ヶ月間、まったくもって何もしていない状態で、
1ヶ月3万円程度のお小遣いが得られている状態も普通ではないわな。

PCの電源すら入れていない状態で、過去にやった事が生んでいる利益。
立派な不労所得としての位置付けが出来る訳です。

この3万円を多いか?少ないか? それを判断するのはあなた自身ですが、
こういう環境を作る事だって、出来てしまうのが、
私が皆さんと一緒にやっているビジネスの凄いところでもある訳です。

世間のパパさん達の月平均のお小遣い程度であれば、
何もしなくたって生んでしまう。

もちろん、何もしなくなる前に、もっと仕組みの構築が出来ていれば、
その数字の額だって違っているはずです。

相変わらず、可能性のある世界です。

そこからは、今後の作業方針と作業の流れをプランニングし、
ひとまず、近々の作業スケジュールを設定してミーティング終了。

きっと、彼女は不労所得の金額を上げる事でしょう。

何らかの事情で今回のような、
急激なモチベ低下が起きなければ・・・ね。(^_^;)。

さて、まとめます。

私達は人間である以上、好不調の波がある事は事実です。
それが精神的なモノであり、体調的なモノであったとしても、
そういう事例が起きる事が現実にゼロではない事は、
自覚しておいて損はないでしょう。

ただ、そういう事例が目の前に起こったとしても、
微々たる額であっても、最低限度入ってくる収益があれば、
あなたはどれだけの安心を得られるでしょうか?

明日、交通事故にあう確率だってゼロではありません。
月明けに会社が無くなっている確率だってゼロではありません。

今の自分の収入にも満足していて、たとえ会社が倒産したり、
交通事故にあったりしても、数ヶ月~数年は生活していける蓄えが
あるのであれば、何も言う事はありません。

でも、そうじゃない人の方が多い事も現実。

だとするならば、何か始めるべきです。

知らないなら知れば良い。
解らないなら聞けば良い。

やった事がないなら、やってみれば良い。

結論はいつだって、至ってシンプルですよ。

その結論の先に、不労所得が得られている環境があるのも事実かな。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!