心動かすコマーシャルを。

どうもです。市川です。

CM (コマーシャル・メッセージ) は、商品を売る為の行為?

まあ、そんな認識で間違っていないのでしょうが、
それは最終的なゴール地点であり、その前には色々な要素があります。

純粋に商品(企業)の認知度を上げたり。
商品イメージを刷り込んだり。

目的に応じて、CMの作り方を変えて行かないとなりません。

買ってください! という直球なCMも時には必要だと思いますが、

こんな現代だからこそ、人の心を動かす事をテーマに、
CMを作った方が良いと、私は考えます。

※CMというのは、動画の事だけでなく、HPの構成やレターの内容にも該当します。

動画マーケティングもそうですが、メールマガジンやブログもそうです。
ショップの販促もそうですし、大きく言えばオークションの出品ページにも取り込めます。

これは、TVを観ていると非常に勉強になります。

TVを観るとバカになる!?

私はそうは思わないタイプの人です。やっぱTVって勉強になるなぁ。って思う方。

もちろん、勉強しようと思ってTVを観た事なんぞありませんが、
番組の構成、CMの作り方など、色々と勉強になる事も事実です。

また、現在のネットの世界は、誰でも1つのTV局を持てる時代です。

Youtubeなんかは、まさにその通りですよね。

” 先駆者に学ぶ。”

動画マーケティングのお手本は、TVに無数存在しています。
そういう感覚でTVを観ていると、色々拾えるモノがありますよ。

ちなみに、最近私が心動いたCMはこれです。

TOYOYAの有名なCMですが、このCMでは商品の購入を促していません。

人の心を動かすためのモノですよね。

一度、全てのシリーズを観てみる事をお勧めします。
私には、 心が ギュっ!ってなる感覚がありました。

石巻に行った。という事も重なったと思いますが・・・

売りたい売りたい!だけではなく、
このコンテンツはお客さん(見込み客)に、どう感じてもらうか?
どう感じてもらえたら成功か?

そう考えて、1つ1つの業務を遂行していく事、非常に大切だと思います。

ブログの書き方、メルマガの書き方、つぶやき方、日記の書き方、
商品のレターの書き方。

全てに変化が出てきますよ。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!