とあるクライアントさんの実例 その5

—————————————————-
市川個別プロデュース
http://www.yumeokoshi.jp/produce/  ※募集定員 残り4名 です。
—————————————————–

どうもです。市川です。

学生時代、ノートをきれいにとっていた。 という記憶のある方。
たくさんいると思います。

社会人になってからも、エクセルでしっかりとデータを取って、
ビジネスを進めている方も多いと思います。

細部まで記録に残す。という事は非常に大切です。
でも、何の為に記録に残すのか?というのを見誤ると・・・

ただの無駄な業務になる事が多いです。

” 真面目過ぎる ” が故、上手く行かないパターンに陥るわけですね。

クライアントさん 紹介 5人目 芳行さん。

この方は、募集ページにも訳あって写真が掲載されておりません。
なぜか?  ・・・ お勤め先が副業を禁止していて、且つ、苗字が珍し過ぎるから。

最初、お申込みがあった時点では、苗字を読めませんでした。
ネットで検索して、へぇ~ こう読むんだ・・・・ って思ったくらいです。

そんな事情もありまして、写真の掲載と苗字の掲載が出来なかった訳ですが、
世の中に実在している人です。

よく、募集ページに掲載されている人は、本当は契約者じゃなくて、
勝手に作ってるだけなんじゃないか!? って思われたりもするのですが、
ご安心ください。

市川のページに掲載されている人は、全てしっかりと市川と関係のある人達です。

いきなり話がそれましたので、元に戻しますが、

芳行さんは、本当に真面目にビジネスに取り組まれている人です。

アフィリエイトのリスティング戦略を行っていますが、
広告をかけたモノは、しっかりとデータにも残す人でした。

ですが、真面目が故、上手く行かないパターンがある事を
身をもって体感出来た人ですね。

本業が忙しく、繁忙期になると、
ほとんど作業時間が取れない状態になってしまいます。

ですが、真面目が故、出来る事をやろうと手を動かします。
その結果、作業全体が中途半端になり、中途半端な数字が浮上します。

新規商品を広告出稿するくらいしか出来ない。だからそれをやる。
その結果、広告管理が甘くなって、経費がかかって赤字になる。

これを読んでいる人にも心当たりがあるのではないでしょうか?

そんな時、私が芳行さん行ったアドバイスは、

健全に開き直って、リラックス!! です。

開き直るのです。あえて。

出来ないんじゃない! やらないんだ!! って声に出すのです。
サボってるんじゃない! 休んでるんだ!! って胸を張るのです。

会社の都合でどうしようもなくなる時って、多くの方々が経験していると思います。

自分の都合でどうにもならない問題に直面した時は、
素直に受け入れるか?逃げるか?以外に選択肢はありません。

逃げる事は社会人として許されないと思いますので、
受け入れる事が90%以上の結論だと思います。

稀に、上手に ” 受け流す ” 事の出来る人もいますが。

そんな状況であれば、集中出来る時間も限られています。

だから、よりリラックスした状態に自分をもっていき、
本当に必要な事だけ、手をつけるようにした方が良いのです。

そのためには、やりたい・・・出来ない・・・ というプチパニックの状態では、
必要な事項が見えてきません。

だから、一度、開き直って 極限までリラックスする。

そうするとね。自然と見えてくるもんなんですよ。
こういう状況だから、何が出来て、何処にチカラを入れれば良いのか?が。

現在、芳行さんは、安定こそしていませんが、アフィリエイト収入も
そこそこ取れている人です。

1ヶ月 ¥200,000- の確定報酬があがった月もあれば、
利益ゼロで終わる月もあります。広告費とトントンの状態ですね。

利益がとれていない月を振り返ってみると、
大体、お勤めのお仕事が忙しい月だったりします。

真面目が故の問題点に直面している1ヶ月ですね。

ですが、ミーティングの際には決まって笑い話も出来ますし、
基本的に真面目な人なので、集中している時は大きく結果も出ます。

あと少しですね。
あと1つ、何かのキッカケを掴めば、もっと大きく跳ねる事の出来る人でしょうね。

そんな 芳行さんから、 こんなご意見を頂きました。


※画像をクリックすると、本文拡大できます。

市川個別プロデュースの詳細はこちらです。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!