Yahoo!リスティングのアカウント停止について

どうもです。市川です。

今日は最近増えてきているYahoo!リスティングのアカウント停止について、
私が知っている事と、行ってきた対処の方法を皆さんにシェアしたいと思います。

昨年の年末から、私のクライアントさんも3名がアカウント停止になりました。

原因のほとんどは、「 広告主のサイトの内容 」に問題があるとの事。

アフィリエイトで広告を出稿している場合、凝ったページの作成は不要ですので、
自分で作成したページが引っかかる事はほぼ無い状態の訳です。

この問題ばっかりは、一、アフィリエイターさんが、どうこう言っても
解決出来る問題ではありません。

広告主さんのサイト内容の変更が必要になってくる訳ですからね。

という訳で、この原因でアカウントが停止になった場合は、アカウント復活のために、
すみやかに該当する広告を削除していくしかないのです。

問題は、どの広告が審査に引っかかっているのか?の全てを、
Yahoo!リスティングのサポート担当さんが明確に教えてくれない事。

例えば、この広告ですが・・・・ というカタチで、違反該当が複数ある場合は、
1つずつしか教えてくれない事がほとんどみたいです。

まあ、ダメだと言われたモノが、検索をかけてみると、
普通に広告に出てる現実もけっこうあったりするのですが・・・

それは置いておきましょう。

私がクライアントさんに行ってもらった方法は、

1:まずは、もう1つアカウントを申請する。

そこには、現在売れている商品だけを広告にかけるようにして、
まずは、本来取れるはずだったモノの取りこぼしを減らして行きます。

2:アカウント停止になった方は、掲載している広告を全て削除。

けっこうな数を出稿していた人は、さすがにためらいがあったみたいですが、
サポートに問い合わせを行っても、時間ばかりがイタズラに過ぎていく状態でしたので、
一気に時間短縮の意味を込めて、こんな指示を出しました。

3:絶対に審査に通る、当たり障りの無い広告を1つ出稿する。

管理画面が空の状態になっていますので、それで再審査を依頼するよりは、
利用目的である事がしっかりと伝わります。

4:アカウントの再審査を依頼する。

理屈で考えても、広告は1つしか出稿されていない訳で、
ガイドライン違反に抵触するモノもありません。

今のところ100%の確率で、停止されたアカウントが復活しています。

後は、これまでに審査対象になった商品(それに類似する商品)は極力避け、
今まで通り、普通に集客のために活用させてもらう。

こんな流れで、作業に取り組んでもらいました。

その結果ですが、売れている商品だけを別アカウントに移しましたので、
余計な広告費がかからず、経費の削減につながった方もいます。

売れる売れない。(商品のオーディション)を繰り返していると、
少額が積み重なっていく場合もありますので、その分が自然と整理出来たみたいです。

たしかに、今まで使えていたモノが、急に使えなくなると、
ストレスも感じるでしょうし、嫌になる事もあるかと思います。

ですが、こういう時こそ感情的にならず、、冷静に問題に向き合ってみると、
打開策がみつかってくるモノです。

アカウント停止になってしまった方は、一旦深呼吸をして、
冷静に問題に向き合ってみてください。

自分の目の前にある問題は、必ず自分で解決出来るモノしかないはずですから。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!