効果をイメージさせてあげる。

どうもです。市川です。

商品を売る時にも、紹介する時にもそうなんですが、
実はお客さんってあまり商品の特徴に興味はありません。

NASAで開発された商品だから・・・
自分、その商品 死ぬほど欲しいっす!!

なんていう人は、極めて少ないと言えるでしょう。

お客さんが興味を持っているのは、その商品の持つ効果・効能であり、
その商品を使った先に、どういう未来が待っているのか?
ここに興味をもって、お買いものをする人達がほとんどです。

商品の紹介の仕方を、もう一度確認してみてください。

余計なウンチクは多くないですか?

お客さんに解り易く、効果を伝えられていますか?

※効果の断定は商法に抵触する可能性もありますのでご注意を。
(確実に痩せられる!とか。 ○○が治る!! とかです。 )

新しい車を買う時、自分がそれに乗っているイメージが出来ないと、
人はその車をチョイスしません。

新しい洋服を買う時も、自分に似合っているのか?がイメージ出来ないと、
人はその洋服をチョイスしません。

お買い物 は イメージの中で行われる事が往々にして多い訳です。

セミナーなどをやる時も、プチ勉強会などをやる時もそうなのですが、

参加すると、あなたにこういうメリットがありますよ。
こういうモノを明確に伝える事によって、

お客さんが、そのイベントに参加しているイメージがわき易くなります。

イメージがわいた事を、人は実行に移すのは容易に出来る事です。
逆に、イメージがわかない事には、人はいつまで経っても興味を示しません。

という事は、
お客さんにどうやってイメージを植え付けるか?が販売戦略の1つであり、

今、自分が販売しているモノが、上手にイメージを植えつけられているか?を
見直すだけでも、売上の向上に繋げられる事が出来る訳ですね。

安いから買う。 というのは、一時的な感情です。

値段を下げれば売れると思う。 これ大きな間違いです。

価格のコントロールではなく、上手に効果(ベネフィット)を伝えられているのか?

なんだかよく解んない商品紹介になっていないか?

ここを見直した方が、ビジネスってヤツは上手くいくんですね。

・・・・たまには、こういうビジネスチックな内容も必要かな?^^; って思いまして・・・・


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA