強くあれ

どうもです。市川です。

不況になると、世の中は癒しのフレーズを求めます。

がんばらなくて良いんだよ。 とか。
No.1じゃなくてもオンリーワン とか。

そのままの君が一番 素敵 とか。

これはこれでね。必要な事だと思うんですよ。
僕自身、こういうフレーズに何度となく救われてきましたし。

ですが、今日は真逆の事を言います。

 ” 強く あれ ”

あなたは強い人ですか? 優しい人ですか?

出来れば、優しい人ではなく、強い人を目指すべきだと思うのです。

なぜ?
優しい方が良いじゃない? なんてあなたは思うかもしれませんね。

なぜならば、強い人は優しく も なれるんです。

でも、優しい人 だけ の人は、強くはなれないんです。

優しい人は、なぐさめてあげる事しかできません。

でも、強い人は守ってあげる事 も 出来るのです。

強い人は、優しくもなれるし、守ってあげる事も出来る。(これが結論です)

これは、あなた自身の目指すカタチだけではなく、
あなたが、ビジネスステージでお付き合いする人にも、関連してくるでしょう。

優しそうな人  強そうな人

どちらか2人から、物事を教わろうとしたならば、
迷わず強そうな人を選んだほうが、上手く行く確率が高いです。(自己経験より)

※ 注意 ※
強そうな人。というのは、コワモテの人という意味ではありませんよ。^^;
外見だけの話ではなく、内面からにじみ出る強さが感じ取れる人もアリです。

この不況の時代だからこそ、人は癒しを求めます。

それは、それ。

強い人が心を癒してあげる事だって出来る訳ですし、
でも、癒すだけの人は、守ってあげる事は出来ない訳です。

だから、強い人を目指すべきだと思いますし、
こんな時代だからこそ、強くあるべき だと思います。

守ってもらうのを待っているだけの人は、それこそ
不況の波にのまれるでしょうね。

だから、 ” 強く あれ ”

この方が、絶対に時代を乗り切っていけるはずだから。

僕も、周り人から強い人って認められるように、がんばってます。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です