どりょく。

どうもです。市川です。

さて、今日は努力という皆さんが大嫌いな言葉について、
ちょっと綴ってみます。

安心してください。私も努力は大嫌いです。
だから、努力しろ!なんて事は言いません。

たぶん。あなたより、私の方が嫌いな自信があります。

かかってこい!俺の方が努力が嫌いな自信があるぞ!!

・・・イメージだけだと マヌケですが こんな感じです。

でも、自分は努力をしてきました。

自分で言うのもなんですが、けっこうな努力を。です。

今、過去の自分を振り返ってみると、
そこに努力をする必然性が感じられたから。なんだと思います。

努力をすることが楽しい?

うそでしょ?  だって、そんな風に思えた事の方が少ないっすもん。

胸を張って言いますが、私は 嫌々 でした。

でも、過去の自分を振り返ってみると、
そこに努力をする必然性が感じられたから。やり切ったのだと思います。

努力を努力と思ってない。

いや、僕、努力してる時は、
「 俺、頑張ってる。今、誰よりも頑張ってる。」 って思ってました。

だって、そうじゃないと、やり切れる自信がなかったんですもの。

もちろん、全ての人が私と同じ感覚だとは思っていません。

努力をするのが大好きで、楽しくて楽しくて仕方のない人もいるでしょう。

でも、私は・・・・・ うん。嫌い! 言い切っちゃいましょう。

でも、これから先も、努力が必要な時は死ぬまであるでしょう。

そして、その時は、きっとなんだかんだ言いながら、
やり切るでしょう。

ストーリーに必然性があるはずだから。

私の個人的見解としては、これで良いのでは?と思います。

結果、やったか?やらなかったか?って聞かれればやってる訳ですし、
必然性がある問題を、クリアにしているのであればOKな訳です。

最近、こうすれば、努力することが楽しい! とか、
辛いって思わない!!  なんていう考え方もチラホラ見ます。

もちろん、そういうのを見て、勉強したりもします。

でも、嫌な事って絶対に出てくるし、
真っ向から努力をすることもあると思うんです。

なぜならば、そこに ” やる理由 ” が存在するはずだから。

全ては、話の必然性がイメージ出来るのか?

イメージ出来るのであれば、やるべきでしょう。もったいないです。
そこまでイメージが出来ていてやらないのは、もったいないです。

イメージ出来ないのであれば、やらなければ良い。

努力。 というモノに対しての、市川的見解はここに落ち着いています。

ビジネスの世界には 努力 という言葉はツキモノです。

でも、それは、必然性がある事例をこなしただけ なのでしょうね。

逆に、無意味に頑張れる人の方が、すごいと思う。

そして、もう1つ。

この世の中、努力をした全ての人が成功出来る世界ではないと思います。
これは、悲しいですが現実です。

でも、私自身、努力をせずに成功出来た人を、見たことがありません。

だから、僕も頑張る。みんな頑張る。それで良いと思います。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です