ノマドなクライアントさんにちょっと嫉妬した件

どうもです。市川です。

次回のミーティングなのですが、バカンス先からでも大丈夫ですか?」

8月の初頭、クライアントのTさんからこんな事を言われました。

 

Tさんはここ数年、旦那さんとの取り決めで、夏は10日間 程度海外旅行に行くそうです。

それを受けて私は、

全然問題ないですよ。
なんかノマドで良いじゃないっすか!

でも、バカンスなんですよね?
仕事するんですか?

そんな風に軽く回答。

長期滞在になるのでパソコンも持って行きますし、観光はほとんどしないので時間はあるんですよ。

ただ、時差の関係でいつもの時間とズレちゃいますが、宜しくお願い致します。

こんな会話を交わし、Tさんがバカンス先でのミーティング当日を迎えました。

 

ミーティングはいつも通り、
現状を確認し修正するべき箇所は修正し、今後の目標達成について展望やちょっとした雑談など…

まあ、至っていつも通りですよ。

いつもと違う点は、Tさんのテンションがいつもより少し高い事。

市川:
なんか、いつもより声大きいですね。
リフレッシュ効果抜群に出てるじゃないですか!?

Tさん:
え!そうですか?
でも、都内にいるより、心もちが全然違いますね。
将来的にはこういう所に住みたいんですよ。
あとで写真送りますね。

で、ミーティングが終わった後、
送られてきた写真が以下・・・

まあ、そりゃ、声も大きくなるわな。
(^_^;)。

Tさんは、今年の4月から一緒に物販をやっているクライアントさん。

まずは、「会社を辞められる環境を整える事。」がテーマでした。

手始めにバイマ・メルカリという、よく話を聞くジャンルでの活動ですが、開始3ヶ月で利益30万円を達成!

 

バカンスで10日間ほど日本を離れた今月(2018年8月)も、ペースとしては30万円以上は行くかな?という感じ。

秋で勤めている会社を退職する予定です。
(独立・起業ですね。)

今年中に、物販での利益50万円達成を目標として取り組んでいます。

写真の返信にこんな感じでメッセージを送っておきました。

(ちょっと嫉妬してます。)

いや、素敵だわ。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!