始める事を後回しにする人に 成功はやってこない。

どうもです。市川です。

始める事を後回しにする人に、
成功はやってこない。

残念ですが、私が 約13年間 起業のプロデュースをする中で、
得られている現実的なデータです。

ダイエットで例えると分かりやすいですかね。

「私、来月からダイエットするんだ!」

さて、この人のダイエットは成功するでしょうか?

残念ですが、きっと上手く行きません。
たぶん、始める事すらやらないんじゃないかな?
(^_^;)。

何事においてもそうですが、理想のカタチというゴールがあるはずなんです。

  • 〇キロ痩せて、〇〇のブランド服が着れるようになった!
  • 年収1000万円になった!
  • ピアノが弾けるようになった!
  • 〇〇の資格が取れた!

 

全て達成系のカタチで表現しているのは
「理想の絵」は叶っているイメージのはずだからです。

叶える為に孤軍奮闘している姿を望んでいる訳ではないですよね?

成りたい!という願望は「成っていない」タイミングをイメージしている訳ですから
「叶った姿」をイメージする方が良い訳です。

で、そのゴールが明確なのであれば、
1日でも早く自分のその姿を見た方が良いですよね?

にも関わらず、始める事を後回しにする人が
多い事、多い事・・・

ぶっちゃけ意味がわかりません( 困 )

そんな人から相談を受けた時、私はこんな言い方をします。

・本当は成りたくないんですよね?
・成れると思ってないんですよね?

・本当に成りたいんですか?

そうするとね。
ほぼ確実に皆さんムッとされます。

でも、それが狙いです。

「じゃあ、やったるわい!」
的な台詞が聞ければ尚善し。

ゴールの位置は変わらない訳ですから。

あなたがそこに近づこうとしない限り、
その距離は縮まりません。

いや、事がビジネスの場合は、時流による常識の変化で、
今とはガラッとやり方が変わってしまうかもしれません。

そうなったら、また1から学び直しをする必要も出てきてしまいます。

年齢的な問題で体力が落ちて、
無理が利かなくなる事だってあるでしょう。

ゴールの位置は変わらないのに、あなたのスタート位置が、
ゴールから今より遠いところに設定されてしまう。

そんな事も当然の如く起こり得ます。

夢が勝手にあなたの傍に来てくれて、
代わりに誰かが夢を叶えてくれる事は残念ですがあり得ません。

私にどんな感情を抱こうとも、どれだけ嫌な奴と思われようと、
結果的にその人が始める事を早められた現実を最良と考える。

本当は良い人って思われたいですよ。
(本音)

でも、時に悪役を買って出る必要がある。

そんな仕事をしているのが市川哲也39歳。
四十路手間アラフォーです。

どうぞよろしく!


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!