人生最後の日に何を食べたいか?という質問の答えから導き出された真実。

どうもです。市川です。

最近、なんか妙に以下の質問をされる事が多いのですが…

Q:今日が人生最後の日だった場合、何を食べたいですか?

ぶっちゃけどうでも良いわ!と…

 

「僕には、まだ最期のイメージがありません。」

なんて、これまでは冷ややかにこの質問を受け流していた私がいました。

流行ってるんですか?
この質問。(^_^;)。

 

なのですが、今日の出来事…
もう何度目?って感じで同じ質問をされた訳で…

せっかくだから、ちゃんと考えてみたんです。

最期の時に何を食べたいか?

  • 出来れば温かいモノが良い。
  • 面倒な食べ物は嫌だな。(種があったり、手がベトベトになったりするもの)
  • 日本を感じられるモノが良い。
  • もちろん美味しいモノが良い。

その結果、私の導き出した答えが・・・

 

みそ汁 でした。

うん。色々考えてみたけど、味噌汁っすね。

せっかくちゃんと考えて導き出した答えなのに、質問者がこう言います。

「市川さん、何も一品じゃなくて良いんですよ!」

え?そうなんですか?
え~~…じゃあハンバーグとご飯もください。

「ハンバーグ好きなんだ…(笑)」

え?ええ、
好きですよ。バーグ大好きっすね。ダメです?

「子供みたいですね」

うっさいわい!

 

とまあ、ミーティング中の雑談に、何とも言えない不毛な会話を繰り広げた訳ですが、

ミーティング終了後、何気なく最期の食事をしている自分の絵を想像してみた結果…

  • ハンバーグ
  • ご飯
  • お味噌汁

 

・・・

・・・・・・!?

 

 

 

松屋じゃん!

ブラウンソースハンバーグ定食
590円(税込)

 

自分の「最後の晩餐」が600円で済ませられる現実を知った。

そんな秋の昼下がりでした。

 


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!