市川寂聴(既に、廃業済)

どうもです。市川です。

先日の事なのですが・・・・

※今回は少し重たい内容も含まれております。
 ご本人にも事前に本文を確認頂き、
 了承を得てからの公開となっております。

個別プロデュースのお問い合わせ窓口から、
事前相談についての問い合わせがありました。

スケジュールを決め、諸々必要事項をメールでやり取りし、
スカイプ面談当日を迎えた訳ですが、

20代後半 女性  既婚 娘さん1人
希望者のデータはこんな感じです。

私の事前相談は、質問に答えて終わり。
という形式はとっていません。
お話の内容から、現状アドバイス出来る事はする。

そんなスタイルでもう何年もやっております。

なので、一通り質問にお答えした後、
私の方からも幾つか質問をさせて頂く場合が多いのです。

・なんで、自分のチカラでお金を稼ぎたいのか?

・いくらあれば満足なのか?

・過去どんな経験をしてきているか?
・何か得意な事はあるか?

こういう質問の中から、会話を組み立てて行くのですが・・・

「 実は、離婚を考えていまして・・・ 」

ん?? なんか、ベビーな単語が来たよ?

「 DVで・・・・ 」

やべぇ・・・
超重量級の単語が降ってきた。(;一_一)。。。

一応、確認しますが、
ダイビング・ヴァンパイア ではないですよね?

「 ドメスティックの方です。 」

 ですよね。(汗)

 (ってか、ダイビング・ヴァンパイアって何だよ。):市川、心の声

   さて、どうしたもんだろう???

正直なところ、この手の話は、ビジネスに取り組む以前の話であり、
ビジネスに取り組んだところで、
問題が解決できる訳でもないと考えます。

下手に取り組むと、またそれが原因でトラブルが起こる可能性もある。
「管轄外です。」と話をシャットアウトする事も出来る。

ただ、それは絶対に印象も良くない。

そんな事が頭の中をぐるぐると回る。(5秒)

唯一、救いがあったのは、
そこそこ、ノリの良い雰囲気の女性だった事。

無理をしているのかもしれませんが、
明るく会話も出来る人だった事。

自分なりに問題を解決しようとして、
前向きに私にコンタクトを取った事でした。

これが、暗い雰囲気で、今にもどうにかなってしまいそうな人
だった場合、私はどうしたら良いのか?解りませんでした。

・・・今日のスケジュールを確認する。
(昼間の時間だったので、そこそこ融通が利く。)

そして、私は1つの結論を出すのです。
(衝撃的な単語から、約60秒後)

 よし、俺は今から寂聴。
 どこまでなれるか解らないが、俺は寂聴。

 俺は寂聴。今から寂聴。

え~~~ っと・・・・

誠に言い難い事なんですが・・・
正直に言って、その件は僕の守備範囲外なんですね。(汗)

独身ですし、結婚歴もありませんし、
男性ですし、気持ちも解ってあげられないかもしれません。

ですが、このまま無碍にも出来ないのでお話は聴きますが、
何か違うな?と感じたら、即座に仰ってください。

その上で、最初に伝えるべき事ですが、

今、あなたはビジネスを始められる環境には居ないと思います。
家庭の事、お子さんの事、現在でも色々と考える事が多いのに、
その上で、新しくビジネスの悩みが圧し掛かって来る事は、

よほどの強い人か?最強の意思が無いと
難しいと考えてしまうのです。

「 やっぱりそうですよね。 」

今、僕が出来る事は、知っている事を教えてあげる事と、
背中を押してあげる事です。

それでも、良いですか?

「 ありがとうございます。その方向で進めてください。 」

そこからは、色々な話をしました。

法的な事、弁護士さんについて、専門機関について、
恋愛観、人生観、子育てについて、

時に笑いを交えながら、笑いに逃げながら・・・

頭の中の引き出しを、たくさん開けたり閉めたりしているウチに、

「あれ?俺、何やってるんだろう?これ、俺の仕事と絶対に違う」
時に、そんな疑問符が降ってくる中、

「 いや、今の俺は寂聴!俺は、市川寂聴! 」 という風にかき消し、
パッチもんの寂聴さんは、がんばった訳です。

なんだかんだ、良い雰囲気に話が進んで行った訳です。

最後になりますが、僕の意見を述べさせて頂きますね。

人生に救世主はいません。
人生に救世主は絶対に現れません。

自分が何を選択し、どんな決断をし、どんな行動を取るか?

僕が経験してきたのは、ビジネスというステージですが
僕は、自分の経験から、ここが問題解決の全てだと思っています。

だから、あなたは自分の『 成りたい 』 に対して,
素直に想い、行動するべきだと思います。
冷静に選んで、時間をかけずに決断し、即座に行動する。

大切なのは、ここだと思うんですよ。

そう考えたらさ・・・・
今回の件、コンタクトを取るべき相手は、
市川じゃなかったよね?(^_^;)

今回の一件、一番のミステイクは、市川をチョイスした事だよね。

「 その通りですね。(爆笑)
 でも、ありがとうございます。私、もう逃げないで解決します 」

私の心の中で、試合終了を告げる ゴング が高らかに鳴り響きました。

衝撃的フレーズから約80分後の事です。

私の事をだいぶ前からご存じの方は、イメージ出来ると思うのですが、
私自身、本当に色々な経験をさせて頂きました。

その経験の多くが、人との出会いによってもたらされたモノです。

良い話を聴く事もあれば、悪い話を聴く事だってありました。
その数が本当に多いのです。

その経験が、今回の結果に繋がったと思います。

スカイプを切った後、私は呟きます。

 「 俺、何してるんだろう? ・・・丸亀でも食べにいくか。 」

うどんを美味しく頂いた後、私は仕事に戻るのです。

でも、なぜだろう?
その日の夜のミーティングは、すごくクリエイティブでした。

どんどん発想が沸いてきて、止まらない状態になっていました。

理由はどうあれ、
きっと、昼間に脳をフル回転させたから。

そう結論付け、いつもより深い眠りについたのでした。

追伸・・・・

 市川寂聴(ぱっちもん)は、この日をもって永遠に封印しました。

 ご理解・ご了承の程、宜しくお願い致します。m(__)m


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!