初心者の頃、何を最初にやったんですか?

どうもです。市川です。

クライアントさんとミーティングをしている最中、
よく質問される事があるのですが、

「 市川さんは初心者の頃、何を最初にやったんですか?」

                          という質問。

この質問に関しては、特に隠す理由も無いですし、
過去の経験を正直にお話しているのですが、

私がネットを使って一番初めにやった事は、
『 ヤフオク 』 です。

不用品の出品、友人からの委託、仕入れ、廃品回収的な事、
とにかく色々な事をやりました。

なぜ?ヤフオクか?という質問が大体追加でやってくるのですが、
答えは幾つかあります。

1:
まず、ネットを通じて商品を売買する。という行為が一通り経験出来る。

出品した商品が落札されれば、落札者からお金をもらう事が出来ます。
その流れで、商品の梱包・発送の経験も出来ます。

この経験はやっておいて損はありません。

配送時に何を気を付ければ良いのか?
お客さんとのやり取りは、どこに気を付ければ良いのか?

全て、経験の中で学ぶ事が出来ます。

2:リスクがほぼ皆無

仕入れを行う場合は別ですが、
初期の段階では不用品を出品する事になるでしょう。

タンスの肥しになっているモノでも良いですし、
捨ててしまえば、ゴミになってしまうモノでも良いのです。

物には、必ず価値というモノが存在していて、
人によって、その価値が変わってきます。

先日、新規に始められたクライアントさんの事例としては、

お子さんが遊ばなくなったおもちゃが、
購入額よりも高値で落札されました。

こういう事だってあるのです。

まあ、これは 妖怪のせい なので、今のタイミングに適合した。
という事も否めませんけどね。

3:キーワードマーケティングの基本が学べる

ネットを活用したビジネスの場合、キーワードの概念は外す事が出来ません。
言葉をフル活用する媒体である事は間違いありませんので。

出品のタイトル、商品紹介文、そういう解り易い部分から、
キーワードについてを学んでいく事が出来るのです。(経験も出来る)

数を挙げていくと、キリがないのでこのくらいにしておきますが、

何から始めて良いのか?解らない!! 

そんな人には、まずヤフオクをお勧めします。

昨年末、私のクライアントさん(正確に表現すると 元 ですが)である、
富山くんが、ヤフオクについての本を出版しました。

彼は BIG tomorrow での連載を3年以上続けている
ヤフオクについては プロフェッショナルな人 です。

昨年秋口に、彼がウチに来てミーティングをしている事を書いたのですが、

自宅ミーティング  (2014年9月11日)

この時は、この出版についての相談を受けていました。
そこから執筆をはじめ、出来上がった彼のデビュー作です。

Amazonでも購入出来ます。
是非是非、あなたの 「 初めの一歩 」 に繋がるアイテムになれば、
幸いと思います。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!