礼儀(節度)を持って遠慮を捨てる。

どうもです。市川です。

今日のヒトコト:

礼儀(節度)を持って遠慮を捨てる。

こんな事を聞いたら、怒られるのではないか?

こんな質問をしたら、バカにされるのではないか?

こんな質問をしたら、おかしいと思われるのではないか?

人に物事を訊ねる際や、人にお願い事をする前には、
こんな風に思う事だってあると思います。

ですが、私の個人的な考えとしてですが、
遠慮をしているだけの時間って、凄く もったいない と思うのです。

だから、私はクライアントさん達にも、
妙な遠慮は不要ですよ。 という事を言います。

ですが、遠慮はただ捨てれば良い!ってもんじゃありません。

何の考えもなしに、何の前フリも無しに、

「 これ教えてください!」 「 これやってください!」

こんな風にお願いしても、誰も教えてくれませんし、
やってくれません。ただただ、遠慮を捨てただけです。

相手にとって失礼に値する場合だってあります。

だから、最低限のマナーとルールを守り、
空気感を感じながら、上手に自分の主張を伝える事が大切です。

え~っと・・・ オガワさん です。

オガワさんは、昼はお勤めをされているサラリーマンで、
夜は個人事業主です。(副業サラリーマンってヤツですね。)

オガワさんとの付き合いは、もう7~8年になるのですが、
彼は私とスカイプを繋いでミーティングを行う事がほぼありません。

年に1回、あるか?ないか? だと思います。
でも、付き合いは7~8年ですし、ミーティングも定期的にやっています。

どういう事か?というと・・・

オガワさんは定期的に、ウチ(市川の自宅)に来ます。
仕事終わりに、市川の家に寄って、ミーティングをして帰宅する。

なぜならば、住んでいる場所がウチから車で5分のところだから。
最寄駅も同じです。

元々の知り合いだった訳でもなく、WEBという環境があったから、
私の事を知ってくれた方ですし、私の門を叩いてくれたのもWEBです。

住んでいる場所が近かったのは、超偶然 というです。

もちろん、当初はスカイプを繋いでミーティングを行っていたのですが、
ある時期、オガワさんが 「 礼儀を持って遠慮を捨てた 」 事により、
現在の形式になっています。

一歩 踏み込んでみる勇気 って言うのでしょうか。

時に遠慮を捨ててみるのも、必要って事ですかね。
※ただし、最低限のマナーとルールは厳守する必要はありますが。

妙な遠慮は不要です。

今なら無料!オーダーメイドセミナー
http://www.yumeokoshi.jp/freeseminar/


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!