個人ネットショップで月商300万円達成!

どうもです。市川です。

9月です。皆さん年末に向けてスパートかけて行きましょう!!

と言っておいて、8月のお話しになるのですが・・・

あるクライアントさんが、8月の売上¥3,000,000-を達成しました。
いや、素晴らしいです。

M浦さんおめでとうございます!!

M浦さんは、現在 会社勤めの傍ら、ネットショップを運営しています。
という事は、副業でネットショップオーナーというカタチですね。

お客さんの対応、配送や梱包を伴うネットショップを、
お勤めをしながら行う・・・

けっこう大変そうなイメージに感じると思いますが、
梱包・配送は上手に内職さん(外注さん)を使って、
自分は販売戦略に集中出来る環境を作っています。

ネットショップですし、外注さんも使っているので、
全てが利益という訳にも行きませんが、それでも利益は100万円前後ですかね。

うん。素晴らしいです。(副業で。ですから。)

私が主にM浦さんに行っている事は、ショップの販売戦略アドバイス。

8月はモノが売れないと言われている時期、
しかも今年は4年に一度のオリンピックが絡んでくる。

売上が下がる事が予想される。

という訳で、7月前半から新しい事を取り入れたり、
これまでにやってきた事を強化したりした結果、

売上低迷が予想されるであろう、8月に過去最高の売上をあげた訳です。

うん。素晴らしい!!

また、M浦さんの何が素晴らしいかというと、

”ちゃんとやってくれるところ”です。

は? って思ってしまうかもしれませんが、ここに尽きます。
実は、一番大事なところ。と言っても過言ではないかもしれません。

ミーティングの際に、お互いに目標や作業テーマを設定するのですが、
それをクリアするための戦略を話し合います。

その中で、M浦さんのスキルや環境で出来る事をふまえて、
私だったら、こうしますよ。というアドバイスをする事が多いのですが、

アドバイス・提案した内容を、”ホント”やり切ってくれます。

市川:このコンテンツですが、もう少しこういう風にした方が良いと思うんですよね。

M浦さん:なるほど、こういう感じですか?

市川:いや、それだとちょっとズレてますね。
    こういう感情をユーザーに与えたいので、もう少しこういう感じです。

M浦さん:あ、そうですね。そっちの方が伝わり易いかもしれませんね。
     確認ですが、この部分とこの部分の強化のために、こういうイメージですよね?

市川: です! 何日くらいかかりそうですか?

M浦さん: では、〇日までに仕上げます。

———- 後日 ————–

M浦さん: こんな感じにしてみたのですがいかがでしょうか?

市川: うん。大筋イメージ通りですね。 これで効果測定してみましょう。

っていう感じです。

1度のミーティングの中で、テーマがこうだから、やるべき事は これ と これ と これ。

という風に、3~4つ課題的なモノを出す事も多いのですが、
そのほとんどを期間内にやり切ってくれます。

これによって、行った事に対しての正確な効果測定が出来る訳です。

当然と言われれば当然の事なのですが、なかなかこれが出来ずに低迷する人も、
ネットビジネスの世界では少なくありません。

(心当たりがある人もいるかもしれませんね。)

8月、月商¥3,000,000-のネットショップオーナーが誕生しました。

しかも、それは まぐれ的 なラッキーパンチではありません。
なぜならば、しっかりと戦略を組んだ上での結果ですし、

9月もこの3日間で、既に50万円 以上の売上ですから。

8月の売上低迷に備えて行った事が、この9月でも効果が現れる。
当然です。

売れないと呼ばれる時期を乗り切った方法な訳で、通常の時期に戻れば、
普段以上の結果になるはずですよね?

9月は8月の売上を超える事、年内いっぱいで月商500万到達。

3月までには、月商1000万円を目標に走ってみよう!
そこから、本格的に脱サラを考えてみようか?

という感じで、現在、がんばっているM浦さんです。

さきほど、届いたメールの書き出しがこんな感じでした。

うん。良い感じで調子に乗れていますね。
※普段はこんな書き出しでメール送ってきませんから。(^_^;)。

こういうノリ方は、個人的にも大好きです。

よく、結果が出始めたクライアントさんにするアドバイス。

「 このまま、調子にのっていきましょう! 」

お調子者になって油断しろ。という訳ではなく、
良い波に乗り続けていこう!! という意味です。

ビジネスの良い波は待っているだけでは、目の前に来ません。絶対に。

ビジネスの世界に、波待ち という言葉はほとんど存在しないでしょう。
決断し、行動した人の前にだけ、良い波ってやって来るもんなんですよね。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!