PCクラッシュと事故処理と。

どうもです。市川です。

え~っとですね。PCが完全にクラッシュしました。
一応、スピード修理依頼し、復旧を待ったのですが、
もう限界・・・との事。

会社を立ち上げた年に購入したPC。
(当時、最強と言えるスペックで購入しました)
色々良い思い出も、嫌な思い出も共に共有した相方みたいな存在。

長い間本当にご苦労さまでした。と言いたい。

でも・・・・こんな急に逝かなくても良くない? とも言いたい。

この週末、色々と奔走しまして、結局新しいPCの導入に踏み切った次第です。

バックアップはこまめに行っていたので、
最悪の最悪の事態はどうにかこうにか逃れられそうですが、
メールのメッセージルールなどの設定は残せない。との事。

100超えてたんだよね。。。設定。

クライアントさんからのメールが自動でフォルダに振り分けられるようになっていて
我ながら、本当に使いやすい設定にしていたもんです。

まあ、またゼロから使いやすくすれば良いか!って考えてはいますが、
新しいPCが届いてからは、少し面倒な作業もやらないといけないみたいです。
※3日ほどで届くらしいです。

今回、事故対応をしていて思ったのですが、
本当に色々な経験をしておいて良かった。と思います。

自分で言うのもなんですが、けっこうテキパキとした事故処理だったと思います。

常に最悪はどこなのか?を設定し、その最悪になったらどうするか?を
決定した上で、1つ1つの作業に取り組んでいく。
(いや、取り組むというよりは、処理をしていく感覚)

この考え、今後クライアントの皆さんにもシェアが出来る部分だと思います。

多くのクライアントさんにありがちな例なのですが、
何かトラブルが起こると、手が止まってしまうことが多いです。

手を止めたところで、何の解決にもならないわけで、

トラブルが起きた場合、最悪はどういう状態なのか?をイメージし、
その回避に全力を注ぐ。

もちろん、最悪の状態を回避できない場合もあります。

今回の私です。

今回は結果、最悪の状態になった訳ですが、
最悪になったらどうするか?を事前に決めていたため、

その決めていた流れに乗っただけ。

もちろん、タメ息は何度か大きくしましたけどね。

トラブルが起きた場合、凹んだところで何も進まないし、
そのトラブルで何を失って、何を新しく得ることができるのか?

それを考えながら、淡々と処理をしていくことが、
やっぱり大切なのだと思いました。

こういうトラブル対処の方法も、
是非、クライアントさんに習得してもらいたい部分ですね。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!