日曜朝の御意見番を思い出してしまう一言ですが、
本気で自分に 喝 って入れてくれる人は大切にするべき。

怒ってくれる人、叱ってくれる人は、自分にとってけっこうな宝物だったりする。

最近の教育は褒める事を重視しているらしいが、
自分の過去を振り返っても、思いっきり褒められた記憶があまりない。

なんか知らんけど、いつの時代も常に叱られていたイメージがある。

でも、叱られた事によって気付く事の方が、実は多いと思う。

もちろん、叱られた瞬間はメチャクチャ気分悪いけどね。

最近、いつ叱られただろう?
大人になるとけっこう少なくなるんですよね。喝入れられるキッカケが。

 


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!