経験は受け皿ってね。

どうもです。市川です。

今日は、ちょっとモチベアップのお話を。

凹む事ってよくあると思います。人間ですから。

凹まない方法って世の中にもありますが、
それでもまったく凹まない人など存在しないと、私は考えます。

凹む。という行為をどう捉えるか?の違いだけなのではないでしょうか?

凹凸 (おうとつ)  凸凹 (デコボコ)
※読み方を変えると逆になるの知ってました? 一度PCで変換してみてください。

さて、 へこむ という行為ですが、字に表してみると、凹むになります。

これ、字のカタチだけみると、受け皿のように見えませんか?

      

一度、凹むような出来事があった時は、
人生における経験の受け皿が出来たと思えば良い。

私はそう思います。

これは、エジソンの発想と同じです。

1000回失敗したら、1001回目のチャレンジをすれば良い。
失敗はすればするほど、成功に近づく。  っていうヤツです。

だから、凹むわぁ・・・・ って思う事は悪ではないと思うのです。

モチベーションが下がる事って、どんな人でも絶対にあるんです。
人間である以上。

凹んだ数だけ、経験してる。って事ですし、凹んだ数だけ受け皿が増えてる。って事。

           

         

こういう状態になっていれば、次は 上からどんなモノが落ちてきても、
どれかの受け皿で拾えるじゃないですか?

 ↓      ↓
 ●      ●
               ↓
               ●

          

       

だから、私は本気で思うんです。

失敗して凹む事は悪い経験ではないと。

凹んだ事を素直に認め、それをどう今後に活かすのか?
健全にこうやって考えた方が 楽しいじゃん? ってね。

物事の捉え方次第で、次に繋げられる糧にできる。って事ですよ。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です