ネタ不足解消法。

どうもです。市川です。

ブログとかメルマガとかやってますと・・・

どうしても書くネタがなくなってくる時ってありますよね?。

ツイッターなどの場合は、目に入るモノ全てがネタなんで、
そこまで無くなりはしないと思うのですが。

有益な情報を更新しなきゃならない。 って
気張ってブログやメルマガをやっている人は、

往々にしてネタがなくなる事があるかと思います。

もちろん僕にもある訳で。。。

あ、でも正直に言うと、僕の場合、致命的なネタ不足はありません。
なんだって書けるさ!。って思ってますので。
(読者の皆さんに喜んでもらえるか?否かは別として。)

私の場合は、” ネタに詰まる。” という事です。

情報はあるのだが、まだ出したくない。 出せないモノだったり。

凄く伝えたい事があるのだが、
そういや過去に同じような事書いたなぁ・・・みたいな感じだったり。

僕、もう1つのブログを持ってまして、
※実はそっちの方が本命のブログなんですけど。 でも全く更新してないんですけど。

もう2004年からやってるんですね。
そうすると、やはり同じテーマの事って、どうしても出てきちゃいます。
(最近は、え!?過去に書いたっけ? くらいの感じでとぼけて書く事もあります)

そんなこんなで、ネタに詰まる事が往々にして起こりうる訳です。

さて、ネタが詰まった場合、どういう対処方法があるか?

私の場合は、非常にたくさんの対処方法があるのですが、
3つほど、シェアしたいと思います。

1つ目: 人と話す。

人と話す事によって、自然とそれがネタになる事があります。
また、私の場合は直球で

「 なんか悩んでる事ない? ブログのネタになるんだけど。 」 って、

これ、けっこうまとめてネタをもらう場合が多いです。

2つ目: 自分より権威のある人と話す。

自分より目上の人であれば、誰でも良いと思います。
上司でも先輩でも、年上の世話になった人でも。

先輩や権威者の経験などは、非常に勉強になる事が多いです。
そういうモノの中から、自分なりに解釈をして、読者の皆さんとシェアをする。

実は、この2つである程度、問題はクリアになるモノです。

でも、両方とも人が関わってくる問題ですので、突然電話したり、
相手のスケジュールを無視した事って、なかなかやり難いですよね。

そういった場合 3つ目の方法なのですが。

3つ目: 書かない。

これ、私の場合はよくやる事です。

急にブログの更新頻度が高まったと思いきや、
まったく更新されなくなる時期があったり。

もうこれはですね。書きたくなるまで書かない!って、
自分で決めるんですね。

ただ、問題が1つ浮上します。

『 忘れられる事。 』 です。

既に有名であって、権威もある人なのであれば、読者の皆さんは
最近更新してないけど、何かあったのかな?なんて心配してくれます。

でも、そうじゃない場合。 3日もすると忘れられます。

アクセス数も一気に減りますし、読者も減るでしょう。
なので、この手法を取る際は、その辺りも十分に気をつけて、
自己責任で行う事が必要でしょう。

ですが、充電がしっかりなされた後、復活のし方でまた注目されたり、
新しい読者層が獲得出来たりもするので、デメリットばかりともいえません。

まあ、メリットに比べると、デメリットの方が・・・大きいと思いますが。

ネット上でブログやメルマガをやる。という事は、

小さな小さなメディアの記者になったと思う事が大切です。

読んでもらう理由を作り。読んでもらえるようなネタを探し。
楽しんで頂けるような構成にする。

理想はこんな意識を持つ事でしょう。

ですが、常にチカラが入りすぎて、それがプレッシャーになってしまったら、
自分にとっての苦痛になる事でしかありません。

だから、肩のチカラを抜いて、リラックスした状態で向き合う事も大切です。

ちなみに・・・・

今日、自分がネタに詰まったから、今日このテーマになった。

って事を読み取ってくれた方。

    ・・・  あなた、さすがです。

ええ。僕、今ネタに詰まってますけど。何か?(;一_一)。

要は、ネタに詰まってる事だってネタにしちゃうくらい、
肩のチカラ抜いたって良いんじゃないか?ってね。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です