胸を張って妥協。

どうもです。市川です。

昨日は草野球の夏打ち上げ。
(まあ、けっこう早めに負けて、夏の大会が終わった。って事ですね。)

朝まで ” どんちゃんさわぎ ” だった事は言うまでもありません。

んで、今日は朝から掃除の日。

誰が決めたか知らないが、とにかく今日は掃除の日。

壁紙クリーナーも買ってきて、
クイックルワイパーもいっぱい買ってきて、
お風呂ジャバも買ってきて、

昼過ぎから、ガッツリ掃除。

だって、男の子のひとり暮らしなんだもの。(;一_一)

ですが、壁紙がなかなかキレイにならず・・・・
結果、3時間やったところで妥協。

ある程度キレイに見えれば良いか。って感じでささっと掃除を終わらせました。

さて、こんな経験って誰にでもあると思うんです。

 ” 妥協 ” 

僕自身、あまり妥協しないタイプと見られがちなのですが、
あながち間違ってはいません。

これ! って決めたら、そのカタチが出来るまでとことんやるタイプです。

ですが、これまでにまったく妥協をしてこなかったか?と聞かれると・・・

いや、けっこうアッサリ妥協する時はしますよ。^^;

上手く行かない事を、上手く行かないまま続けても
生産性は皆無に等しいという事です。

もちろん、ただ単に妥協するだけで終わらせるのは、
単なる 怠け者 のする事。

なんで、妥協する。という決断をするのか?

時間の問題なのか? 能力の問題なのか?
はたまた、突発的なトラブルのせいなのか?

原因を明確にし、その上で妥協を決め込むようにしています。

その方が、次に同じような環境になった場合、
柔軟に対処が出来るようになるからです。

そして、一番大切な事は、

『 健全に開き直る 』 という事です。

妥協した事を ウジウジ しない。

「 は?最初からこのカタチ目指してましたけど 何か? 」

くらいの感じで、勢いよく開き直る事が大切です。

そうすると、頭が自動的に切り替わってくれるんですね。

はい。  次!  次 !!  っていうイメージです。

今やっている事が上手く行っていなくても、悲観的になる必要はありません。

上手くいかなかったんだ。という経験があなたの中には必ず残るはずです。

だから、それを次のステップに繋げる事を考えた方が、前向きって事です。

ただし。

その妥協に人が関わっている場合は、明確な意図と原因を、
その対象者の皆さまにしっかりと伝える事が大切です。

先方さんを納得させる事が出来ない妥協は、ただの放り投げですので。

妥協する事が 良い事とは思いません。

ですが、イッパイ イッパイ の状態を繰り返す事は、
あなた自身の崩壊に繋がりかねません。

だから、スパッと決断。
その後、ウジウジしない。

今あなたが経験している上手く行かない事は、
必ずあなたの経験になる訳ですから。

だから、健全に開き直り、そして、次に繋げる意思を持ってみてください。

ちなみに・・・・早めに妥協したせいか。

掃除が思った以上に早く終わり、
友達と美味しくステーキを頂いてきました。

ね。

こんな感じで良い事に繋がったりもする事もある訳です。

(うん。話の持って行き方が強引だ。)


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA