メッセージであるべき。

どうもです。市川です。

私自身、「 文章書く 」 という行為は本当に苦手でした。
今でも、得意だとは思っていません。

昔から、メールするくらいなら、話した方が速いじゃん?
なんて言ってた人間ですので。

ただ、メルマガやブログ、テキスト等、
色々な媒体を執筆するようになって、6年が経ちます。

なので、今、こうしてスラスラ書けるのは、
得意だったからではなく、” 仕事だったから ”こその、
修練の成果だと思っています。

そんな私が、文章を作成する際に、一番心がけている事があります。

それは・・・

「 ” メッセージ ” であるべき 」 という事。

物語にしても、音楽にしてもそうだと思うんですが、
メッセージ性のある作品の方が、多くの方々に好まれます。

主張がある方が、人の心に刺さりやすいのでしょうね。

また、メッセージを発信している側と、メッセージを受信している側、
どちらが儲ける事が出来るか?  ・・・明らかですよね。

文章に限らず、映画もドラマも曲も、ツボだって絵だって。
作品と呼ばれるモノすべてに言えると思うのですが、

媒体はメッセージであるべき。なんだと思います。

その作品を作った人は、どう考えているのか?

その作品に触れた人に、どう思ってもらいたいのか?

その作品は何を伝える為のモノなのか?

その作品に触れた人に、どういう行動をとってほしいのか?

ブログの 文章 を 作品 に置き換えてみると、
あなたが今行っている事にも、この考えは当てはまると思います。

また、「 メッセージはキッカケを生む卵。 」 とも考えています。

良いメッセージは、人に良いキッカケを与えます。

キッカケはあくまでキッカケですから、それをどうやって育てるか?は、
メッセージを受け取った側の問題ではあるのですが、

意識して作るのと、まったく意識していないのでは、
まったく違った形になる事は間違いない事でしょう。

行動を起こすキッカケになるモノ。
テーマについて、考えてもらうキッカケになるモノ。

笑うキッカケになるモノ。
感動するキッカケになるモノ。

色々なキッカケがありますので、それらを考えて、
自分の得意分野にあてはめてみると、
あなたにも、人にキッカケを与える良い作品が作れる。という事です。

ブログにしても、サイトにしても、企画にしても何にしても。

「 媒体は ” メッセージ ” であるべき 」

これが、今日の私のメッセージです。

補足・・・

ただね。毎日毎日 メッセージだ! 主張だ!って気張ってると、
疲れちゃいますよね。

だから、こういう部分も理解した上で、肩のチカラを抜いて、
リラックスしながら作成に取り組んだ方が良いです。

適度な緊張は、良い成果を出しますが、
極限の緊張は、能力を半減させます。

極度の緊張の中 生まれた作品は、緊張だけが人に伝わってしまいます。

だから、良い意味でリラックスして、物事に取り組んでみてください。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA