桐谷物語 最悪からのチャレンジ

どうもです。市川です。

まずは、副業で流れを創り、会社のお給料を超えたい。
そして、基盤が出来た状態で会社から独立し、新しいチャレンジをしたい!

そう考えている人は多いですよね?

あなたはいかがでしょうか?

実際、私の門を叩いてくれる人も、そういう願望を抱いている人が非常に多いです。

その考え方は一切否定しません。
一番理想的な流れですよね。

でも、時に残酷とも呼べる事態に遭遇するのが人生です。

 

桐谷さん(奈良県在住)の実話。

桐谷さんは、借金の返済と会社からの独立を目標に、私の門を叩いてくれた人です。

ネットを活用するビジネスはピュアな初心者。
ゼロからのスタートです。

借金も抱えていますし、環境は決して恵まれている訳ではありませんが、やれる事は絶対に存在する。必ず選択肢は存在しているはず。

幾つかの選択肢を提示し、その方法のメリットデメリットを説明。

やる事を定めチャレンジスタート!

ですが、最初の数ヶ月は全くと言って良い程、成果が出ません。

スケジュールが上手く組めない。
疲れて帰って来て、作業が手に付かない。

そんな事が原因でした。

技術的な問題やスケジュールの問題を1つ1つ解決し、組み立てる事を覚え始め、徐々に自分で考える事も出来るようになり、作業のペースを掴めるようにもなり、

5万円→10万円→20万円と数字が伸び、油断して10万円に戻ったり…

会社から帰宅後の2~3時間程度の作業で10万。
副業というステージでは、そこそこの数字です。

ですが、そこからなかなか突き抜けない。

でも、やるべき事は解っている。
道も目の前にある。
今がふんばり時だ!と取り組む中・・・

 

突然の会社倒産

昨年末、桐谷さんから急に連絡がありました。

桐谷さん:
「市川さん大変です。会社が潰れました。」

市川:
「え!?どういう事です?
大変だと思うけど、一度冷静になって話を聞かせてください。」

桐谷さん:
「僕も詳しい事は定かではないのですが、
なんか、社長の使い込みとか諸々があったらしく・・・」

2016年11月末、彼の勤めていた会社は倒産。

副業で流れを創り、会社の給料を超える。
その経験を元に独立・起業。

そんなカタチを思い描いていた彼のステップは、
強制的に否定され、彼は社会に放り出される事になりました。

 

プランの組み直しと決断

「緊急ミーティング」

思い描いていたダンドリと現在の現実に大きな開きがある。

でも、
それを嘆いたところで何も解決しないですし、現実は現実として受け止めなくてはならない。

それをしっかりと認識した上で、ミーティングの題材は・・・

今後をどうするか?

選択肢は幾つか存在しています。

就職活動も1つですし“前だけ”を向いてチャレンジも1つ。
もちろん、それ以外の選択肢も存在します。

ですが、この判断を見誤る事は、
人生の一大事に陥る可能性もある。

 

現在の環境でデッドラインはいつか?
毎月の返済額はいくらか?生活費は?

私自身、言葉選びには慎重になりました。
ですが、私が心掛けた事がもう1つ。

『 私が悲壮感を出さない事。』

私が一緒になって暗くなってしまったら、彼の光を閉ざしてしまうかもしれない。

だから、話の中に笑い話を盛り込んだり、過去、私が辛かった頃の話を笑い話にしたり、ミーティングの空気を少しでも和まそうとしました。

やり方としては、こういう方法がある。
その戦略のメリット・デメリットはこれ。

幾つかの戦略パターンを提示し、その上で、彼が選んだ選択肢は「チャレンジ」

人生ギリギリのラインで、チャレンジする事を決断した桐谷さんに、以下のように伝えました。

「 2ヶ月ですね。この2ヶ月で決めよう!」

この2ヶ月で今後が見えないようならば、他の選択肢をチョイスし遂行するべき。

私はこんな提案をしました。

最悪の事態になったとしても、社会復帰が可能なギリギリのラインをここに見定めた訳です。

彼も期間の提示には納得し、いざチャレンジ。

2ヶ月間の必死。

桐谷さんがチョイスしたモデルは物販。

「安く仕入れて高く売る。」

すごくシンプルで現金化が早い。

得られた利益を次の取引に回すことで、規模を大きくする事も出来る。

ビジネスの王道。

ですが、彼の初期資本はゼロ円
枠も乏しいクレジットカードが1枚。

究極に劣悪な環境からのチャレンジ。
本当に「必死」だったと思います。

必死という言葉が似合う2ヶ月間。

何度もミーティングをしましたし、
「報告」「連絡」「相談」を徹底してもらいました。

◎2017年1月末 約束の2ヶ月後。

桐谷さんの実績。
総売上 ¥1,172,190-
利益額 ¥327,841-

未払いのお給料が入ってきたり、ちょっとした幸運も重なったり、実際、彼が2ヶ月で手にしたお金はもう少し多かったと思います。

本当にギリギリの環境での決断ではありましたが、彼のチャレンジは、何とか今後も継続出来るラインをクリアしました。

4月には、月の利益が30万円を超え、サラリーマン時代のお給料越えも達成しました。

 

必死の2ヶ月から半年が経過した現在。

2017年9月28日 ミーティング。(今日)

桐谷さん:
「市川さん、今月の利益なんですけど、
 過去最高の40万円ですね。」

市川:
「OK! GOOD JOB! おめでとう!」

桐谷さん:
「次の壁は月収50万円です!」

 

桐谷さんは、現在も元気にチャレンジを続けています。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!