集客が一番大変。だから理解する必要がある。

どうもです。市川です。

どんなビジネスにも言える事なんですが、
「集客」が一番大変。

「集客」 = お客さんを集める行為。

一番大変な集客ですから、
言ってしまえば、この部分がクリアになるのであれば、
ビジネスが上手く回る確率は格段に高くなります。

ただ、多くの人達が、
「集客」についてを、あまり具体的に捉えていない。

というか・・・

具体的な戦略イメージを描けていないのも、
実情なのではないでしょうか?

という訳で、今回は集客についてを、
独自の見解で綴ってみたいと思います。

ネットビジネスでも、リアル店舗でも、
同様の事が言えるので、

解り易く、リアル店舗を題材に話を進めてみましょう。

例えば、あなたが実店舗のお店を経営しているとします。

パン屋さんでも、豆腐さんでも良いのですが・・・

まず最初に、
美味いパンを焼く。美味しい豆腐を作る。

という行為は、実は集客戦略ではありません。

商品のクオリティを上げる事は、
お客様商売であれば、大前提の話であって、
美味いパンを焼く事は言ってしまえば当然の事。

そこだけをやっていたって、自分のイメージ通りに
お客さんは来てくれない訳です。

お客さんを段階的にイメージしていくと、
現状の何が足りていなくて、どういう戦略を講じるべきか?

という事が、見えやすくなります。

〇見込み客

この時点ではあなたのお客さんではありません。
あなたのお客さんになってくれる可能性がある人達です。

見込み客を増やす戦略は何があるか?

お店を目立つようにする。
チラシやその他の広告媒体を使用する。
ターゲットを絞る。

まあ、色々ありますよね。

〇新規顧客

初めて、あなたのお店の商品を買ってくれる人。
あなたのお店のサービスを受けてくれる人。

これは、どのくらいの見込み客に、
自分のお店の存在を知ってもらえたか?によって、
数が決まってくるモノです。

なので、見込み客獲得は、新規顧客獲得に直結する。
そう考えてもらって良いでしょう。

〇常連客

よくあなたのお店を利用してくれるお客さんですね。

新規でお店を訪れてくれたお客さんに、
どう思ってもらえる事が出来たら?次も来てくれるか?

または、2回目以降の訪問をしてもらう為に、
どんなサービスを組み込んでいくか?

リピート顧客獲得戦略と呼ばれるモノを執り行って行くことで、
新規顧客を常連客に転換して行くことが出来るようになります。

〇固定客

そのお店を利用するのが、当然になってくれた人達。

朝は必ずここのパンを食べる。
週末は必ずこのお店で食事をする。
月に1回は、必ずこのサロンを訪れる。

言うならば、お店を利用する事が、
習慣に近い状態までになったお客さん達です。

これは、常連客の延長線上にあるモノで、
リピート顧客獲得戦略を地道に続けた結果、
獲得できるお客さんと言っても過言ではないでしょう。

〇紹介してくれる人

ここパン美味しいよ!
マッサージ行くならここが良いよ!

そんな風に、お店の存在や味、コンセプト、
サービスの良い所を広めてくれる人達。

ここの人達は、新規顧客の人が、
いきなりこういう人になってくれるかも知れませんし、
常連客に育ってから、こういう事をやってくれるかもしれません。

固定客に育ったからと言って、
必ず、お店を紹介してくれる訳でもないですね。

” 自分だけの ” 秘密の場所。
みたいな感じで捉えるお客さんも居ますから。

細かく分けていくと、もう少しお客さんを
カテゴリ分けする事が出来るのですが、
(クレーマーもお客さんですしね。)

今回はこの程度に留めておきましょう。

■ 現状、お店の 数字 が芳しくない。

その理由が集客にあると判断出来るのであれば、
どのお客さん達が足りていないのか?を考えます。

新規顧客が足りていない状態なのであれば、
まずは、見込み客を獲得する為の施策を講じます。

リピート客が少ないのであれば、
商品やサービスのクオリティを見直す必要がありますし、
次回も訪れてくれる為の戦略を練る必要があります。

次回利用できるクーポンも、スタンプカードも、
その1つの戦略に過ぎない。という事に気付くはずです。

常連客、固定客、紹介者を獲得する為には、
味やサービスの向上も1つですが、人柄も大事だと考えます。

あなたがいるから、このお店に行きたい。
あなただから、お願いしている。

どれだけ、クオリティが高くても、嫌な気持ちになるところに、
人は好んで行こうとは思いませんよね?

過度にお客さんに媚びる必要はありません。
媚びすぎるのは、成長戦略にマイナスの要素を生む
可能性もありますしね。

ですが、ほぼ人柄だけで、常連客を
掴んでいるお店が存在している事実もあるのです。

というように、

集客という行為を俯瞰してみると、
獲得したいお客さんによって、戦略とやるべき事が
変わってくる訳です。

・・・ しかし、集客が上手く行っていないお店は??

LINEを使うと効果あるよ!
Facebookは集客に使えるよ!

ブログだよ!ツイッターだよ!

etc,etc,etc,etc,etc,etc,etc,

こういう言葉に踊ってしまい、
それを、ただ、扱ってしまいガチです。

そして、使ってみたけど、大したことなかったよ。。。
なんか、面倒な作業が増えただけだったよ。。。

そんな風に、嘆いてしまいガチです。

今後も新しいWEBツールはたくさん出てくるでしょう。

そして、そのツールを使用する事が活路だと、
そんな勘違いをしてしまいガチになるのです。

※「ガチ」という表現を、多用してしまいガチな市川。
(特に深い意味はありません。m(__)m )

集客と言っても、一言で 「 こうすれば良い!」
とは非常に言い難いのが本当のところです。

ツールも、ただ使用するだけでは効果は出ませんし、
利用の仕方や、何を目的として活用するのか?を、
より明確にしてから、使用する方が良い事は
言うまでもありません。

あなたのお店の集客は、
何が出来ていて、何が出来ていないのか?

こういう、少しだけ 細かい部分 にまで目を配って、
集客戦略を遂行していく必要が絶対だと私は考えます。


し、あなたのお店に、

「 集客に効果ありますよ!だからウチのツールを!」

や、

「 スマホサイト作成すれば、お客さん増えますよ!」

なんて事を言う営業マンが訪れた場合、
1回目は、迷わず断って良いと思います。

こういう人達は、集客という行為を
一色単に捉えている節がありますし、

単純に自分達のサービスを売りたいだけの
人達である可能性が高いです。

さて、まとましょう。

「集客」という行為が、一番大変だと思います。

これは、リアルな店舗でも、WEB上でもね。

初回のアクセスを増やす為の戦略なのか?
2回目以降の訪問を増やす為の策は何か?

常連(ファン)になってもらう為には、何が必要か?

状況に応じて、何をするべきなのか?が変わってきます。

すなわち、集客が一番大変です。

だから、「 魔法の集客術 」 なんて言葉が出てくれば、
皆さん、飛びつきたくなるのが実情でしょう。

でも、その言葉に飛びつく前に、一度、考えてみてください。

自分のお店は、自分のコンテンツは、
どこまでの集客が出来ていて、現状、何が足りていないのか?

そして、集客に魔法はありません。

必要とされる事を、必要なタイミングで、
必要な分だけ、執り行う事が何よりの最善策だと、

そんな風に 私は考えます。

長くなりましたが、こんな内容を書いた理由は、

先日、美容師さんから、相談の依頼がありまして、
こんな話を3時間に渡って語ってしまいました。

その美容師さんは、11月に自分のお店をOPENさせる予定で、
2~3ヶ月に1回、私の髪の毛を切ってくれる人です。

高校の同級生であり、2年生の時は同じクラスであり、
卒業してからも、一緒に遊んでいた仲であり、
一度、美容師を辞めて、営業マンに転職し、
やっぱり美容師を諦めきれずに、美容師になり、

そこから16年ぐらい経過し。

家族も家庭もある中で、新たなチャレンジを決断し、
現在、本当にがんばっている。そんな人です。

だからね。

私も協力出来るところは、協力してあげたいと思い、
先に起業した経験者として、色々な話をしました。

その時の内容に含まれていたのが、今回のお話です。

文章にすると、今のカタチに収まってしまうのですが、
そこそこ、まとまった話が出来たので、
せっかくだから、ブログに載せておこう。

そう思った次第です。

最後まで、お付き合い頂けましたでしょうか?
(^_^;)。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!