「 胡散臭い 」 から始まった会話。

どうもです。市川です。

私の事を胡散臭いと思っているあなた。
安心してください。それ、普通の感覚ですよ。

先日、クライアントさんとミーティング中、
こんなやり取りがあったのですが・・・。

私、最初 市川さんのブログみた時、
なんか胡散臭い人だなぁって思ったんです。

 (笑)

それ、どうしても僕に伝えないとイケない事だったかな?
心の中に秘めておく事は出来なかったかな?(-_-;)。

でも、もう慣れっこなんで、何とも思わんけどね。

と、言いますと?

現在、ネットの世界では 『 お金 』いう単語がチラつくだけで、
ほとんどの人が、「 またか? 」 って思うはずなんですよ。

単純に多いからね。そういう事でお金儲けを目論む人達が。
純粋に反応が良い業界だからね。

反応が良い業界で、軽はずみに参入してくる人が多いから、
そういう類の数ばかりが増えていく結果、、
挫折者を量産する傾向にありますよね。それが正確な現状。

一般的にみたら、市川だって、
その中の1人である事に間違いないと思いますよ。
そこは否定しません。

だから、初見で見た際に、胡散臭いって思われるのは、
必然な事だと思う訳ですよ。

若い時は、そう思われるのが嫌で、色々な事をしましたが、
最近はもう何とも思わんですね。(^_^;)。

だって、普通に考えて、胡散臭いもんね。
世間で言う 普通の定義 から、外れてる訳だから。

それが、自分の中で明確に定まってからは、
もう、何と思われても全然OK!って思えるようになってきましたね。

だから 慣れっこ って事。

でも、話をしてみると、印象本当に違いますよね。(^_^;)。
厳しい印象とは真逆っていうか・・・

そんなフォローはいらんよ。(笑)

でもさ。
みんな普通じゃない事を求める訳じゃないですか?

世間の平均年収では、豊かに暮らせない事が解っていて、
普通(平均)から逸脱したいのが本音なのに、
それをやっている人達を見ると、胡散臭いって思う訳なんだよね。

結局のところ、
最初の印象で、自分の可能性に蓋をする人たちが普通。

その蓋をどうにか取っ払って、
行動に移す人達が、普通じゃない人達。

普通の人が月収100万円以上稼げる世界なんて、
今の日本には、存在しない訳ですよ。

ごくごく普通の状態の人が、普通のまま人生過ごして、
年収1000万円以上になる確率は、極めてゼロに近い。

そう考えると、” 金銭的に ” 豊かになる為には、
普通じゃない方に、自分を傾けて行くことが、
すごく重要な事になると自分は考えてますね。

じゃあ、市川さん的に考えて、
私の取った行動は間違いではない。という事ですか?

これは結果論になってしまいますけど、
大正解だと思いますよ。

現に、旦那さんの月収を超える事も出来ている訳ですしね。

これが、こうなる前に途中で投げ出したり、
諦めてしまっていたら、こういう結論にはならないですよね。

確かに・・・

でも、こういう結論に至った最大の要因は、
自分の環境を変えようとして、行動を起こした事だと思います。

最大の失敗は、何もしない事である。

こんな明言知ってます?

大切なのは、結果である事に間違いないのですが、
その結果を得る為には、行動を起こさないとイケない。

でも、行動を起こす事によって、失敗(挫折)というリスクもある。
でも、リスクのある方を選ばなければ、
いつまで経っても普通からは抜け出せない。

失敗したらどうしよう?ここで止まるのが普通の人達。
でも、この人たちは普通のまんま。

出来ちゃったらどうしよう!? やってみようかな?

こういう人達は、ちょっと普通じゃない方に傾いた人達。
でも、こういう意識じゃないと、環境は変えられない。

僕は、そう思うんですよね。

なんか、最初の一言から、話がだいぶ発展しましたね。

だね。責任とってこの話をまとめてみましょうか?(^_^;)。

普通じゃなくなるには、はじめる事が大事!

随分、簡単にまとめたなぁ・・・おい。

さて、どうもです。市川です。
(回想シーンから戻ってきたイメージ)

会話を録音していた訳ではないので、
言葉使いや、微妙なニュアンスは違いますが、
こんなやり取りがあった訳です。

ミーティングの最後に

今日の話のテーマ、ブログで書いてみてください。

そんなご要望があり、書き始めてみたのですが、
なんだか上手にまとめられない自分がいまして・・・

だったら、
話した内容をそのまま会話形式で書いてしまえ!

そんな結論に至り、この記事が生まれました。

このやり取りから、何かに気付いてくれて、
どんな事でも良いから、行動に移す人がいれば何よりです。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!