がんばる理由の小さな1つ

どうもです。市川です。

さて、2月です。今日は節分です。
先ほど、コンビニで買い物をしていたらレジ横に豆が・・・

「あ、これもください・・・・」 って、買いました。

実家の頃から、豆まきの風習が染みついており、
実家を出てからも、毎年 静かに豆をまいている自分がいます。

そして、静かに食べるのです。年の数だけ。
なんだか、すげぇ増えてきた気がするけどね。

さて、話は変わりますが・・・

最近、本当に多くの刺激を頂いております。

 ” クライアントさん達 ” から。

この1月、過去最高の数字を出した人。
この1月から、一緒にスタートを切った人。

様々な環境の人がいますが、皆さん本当にがんばっています。

出来なかった事が出来るようになり、
出来る事が増えた事によって、新しい事が出来るようになったり。

私自身、皆さんの成長に何度となく刺激を受けている事は
言うまでもありません。

また、最近、一部のクライアントさん達から、目標設定の際、
とある提案を受ける事がありまして・・・

その結果なのですが・・・

目標達成のお祝いに、
たこ焼き器 をプレゼントしなくてはなりません。

これに関しては、全然問題ありません。
高級ブランドをねだられている訳でもないですしね。

問題は こっち↓

目標達成のお祝いに、
とある 罰ゲーム をしなくてはなりません。

※厳密に言うと罰ゲームという訳ではないのですが、
 この行為は、市川にとって罰ゲームと言わざるを得ず。。。

それを、公開しなくてはなりません。
今週中には遂行するつもりですが、正直言ってすごく嫌です。

「 この目標達成したら〇〇 」

話の流れで解るとは思いますが、
こんな提案が一部のクライアントさん達の中で流行っています。

私自身、要求が許容範囲内であれば全く問題ありません。

大切な事は、目標を達成し成長する事ですから、
自発的にこういう提案をしてくれる行為は大好きです。

「 がんばる理由の小さな1つ 」 になるのであれば、
それは素敵な要素でしょうし、
シゴトの中の楽しみ事の1つにもなるでしょうしね。

ただ・・・ 今回のミッションは・・・ 
      正直・・・ やりたくは・・・ない。(-_-;)。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!