今でしょ! が、なんか軽い感じに聞こえてしまう件

どうもです。市川です。

いつやるか? 今でしょ!

非常にシンプルでメッセージの性の強いこのフレーズ。

とある講師の方のおかげで、誰もが知っているフレーズだと思うのですが、
なんだか最近この言葉の重みが薄れてきている感じがするのです。

元々、本当に大事な事であり、私自身、過去に様々なところで、

仕事は前倒しが理想。 とか。
後で と お化け は出ない。 とか。

明日やろうはバカ野郎。 とか。

言い続けてきた訳です。

しかし、最近は・・・ 

「 今 」 というフレーズを使っただけで、ちょっとおかしな空気になります。

先日、クライアントさんとのミーティングの中でも、

市川 ⇒

じゃあ、今月の内容として、〇と◆に重点において進めて行きましょう。
後はダンドリですね。

◆の準備はいつから始めますか?

クライアントさん:  ⇒ ・・・・ 今でしょ? (自信なさ気な疑問形)

              ※あくまで狙って言ってるのは解るんですけどね。

市川 ⇒ う・・・うん。まあ正解っちゃ正解なんだけど、
      今ミーティング中だしね。今、出来ないっすよね。

      ※という感じでリアクションに困る僕。

という風に、
ミーティング中に半分ボケとして、かましてくるクライアントさんもいる訳です。

まあ、頑張って拾ってあげる努力はするんですけどね。

かと思えば、もの凄く真剣な話をしていて、

『 本当に大事なタイミングですよ。今。 』 なんていう話をしている時にも、

なんだか、おかしな空気がそこに流れる訳です。

私が困っているのは、本当に大事な言葉。という事なんです。

「 やるのは今! 」 という言葉そのものは。

ですが、最近はなんだかその言葉が軽い感じで聞こえてしまうのです。

   困ったもんだ。。。

まあ、メディアの世界の流行ものなので、年末辺りには使い古されたフレーズとして、
世間では誰も使わなくなるのでしょうが、

そうなってくると、また困った事が起こる訳です。

今、やるべき事の重要性を説いていても、
半分狙っているのか?これは、笑いを誘っているのか?って思われかねない事。

というか、その言葉自体が軽く見られがちな時代があった故、
もう心に刺さらない可能性が出てくる事。

   うん。困ったもんだ。。。

大事な事なんですけどね。

いや、本当に大事な事なんですけどね。

そこだけは、はき違えないで欲しいなぁ。


あなたの悩みが講義のテーマ、あなたのパーソナルに合わせたカタチで、
問題解決の糸口を導き出しましょう!